TWの地理と町を巡る旅

@TWの地理 よく、街中で「○○はどこですか?」という質問を聞きます。 通りすがりの人が、親切に教えてくれることもあります。 でも、地図を見れば誰だってわかると思いませんか? もしも教えてもらえなかったら、その場で立ち往生してしまいますよ? というわけで、旅に地図は必需品なのです。 まず、↓これがTWの舞台となる「南アノマラド」の全体です。 ↑のマップはゲーム内で、↓の[アノマラド南部地図]をダブルクリックすると表示されます。 このマップはチュートリアルをクリアすると無料でもらえます。 また、商店でも売っています。 現在は、龍泉郷〜カーディフ(ケイレス砂漠)周辺を記した[アルミド大陸中部地図]もあります(商店購入) EP2マップ(エルティボ・ブルーコーラル・ケルティカ周辺)の全体地図(?)はありません。 上の地図では、町の名前やマップ名などは表示されていませんが、 ボタンを押すことで、それぞれ表示されます
人の走るマーク・・・近道(ルート)を表示してくれます。どことどこが繋がっているかもわかります。

Aみたいなマーク・・押すと「町の名前」「マップ名」「セーフティエリアの名前」が表示されます。

半月?マーク・・・・押すとマップがスケルトンになります。画面を塞がれたくないときに便利。
@ワープポイント(WP)の登録 まず、町には↓のようなワープポイント(WP)が存在します。 (ライディアWP) ワープポイントに初めて乗ると、チャットウィンドウに 「現在の位置が記録されました」と表示されます。 つまり、ワープするにはワープポイントを回って登録しなければいけません。 ワープポイントは↓のように、結構たくさんあります。 各町と、その途中のセーフティエリア、フィールドにWPが設置されています。 ※旗取り待機室は各町にいるNPC[エキオン]に話しかけることで入れます。 また、[アドセル]と[龍泉郷]、[二つの橋][カーディフ][カーディフフリマ]は Lv制限とチャプター制限のため、最初からは登録できません。 また、慟哭の塔○階はEP1の最終チャプターでようやく到達できる場所です。 アドセルは、Lv35以上。混乱の洞窟の4階にある町です。 途中魔法攻撃モンスターがいたりするので、できるだけ突き進むことをお奨めします。 また、アドセル以降の混乱の洞窟は非常に高レベル(メトゥラ以上)の狩場になるので要注意です; ※アドセルのWPは外からは飛べますが、アドセルから他に飛ぶことが出来ません。  [神鳥の羽]を忘れずに持って行きましょう。 龍泉郷は、道中が大変危険ですが誰でも行けるようになりました。 位置的には森の小道の奥→山麓の竹藪(フィールド)→龍泉郷になります。 しかし、山麗の竹薮の敵は非常に強いため、簡単に瞬殺されてしまいますのでご注意ください。 また、チャプター4クリアで挑戦できる龍泉郷潜入クエストもあります。 クエスト詳細については情報サイト様のクエスト情報を参照してください。 二つの橋は、龍泉郷のさらに先Lv80制限のマップの向こうにあるセーフティポイントです。 行き方は、龍泉郷→奥の竹薮→竹の峡谷(もしくは森の小道→山麗の竹薮→竹の峡谷)              →峡谷の家(セーフティ)→紅の林(Lv80)→紅の道→二つの橋です。 カーディフは、二つの橋よりさらに砂漠を越えた町です。 チャプター11進行でも行けます(砂漠マップにに転送されるため注意)。 行き方は、二つの橋→ケイレス砂漠1→カーディフです。 ※ただし、チャプター11で飛ばされるのは砂漠入口で、通り抜けるにはLv・護衛さんが必要です。 忍桜の里は、進入クエストをクリアしたキャラだけが行ける桜舞う和風の村です。 進入クエスト(赤い手裏剣)はLv70以上で発生しますが、 アイテムショップ(課金)で[忍桜の里招待状]を買って行くことも可能です。 桜並木や桜吹雪、忍者や墓地など日本らしいマップです。 ペナイン森3の右下にあるポータルから行くことができます。 エルティボは他の町とは違い、エピソード2の町です。 大陸北部にあるレンム王国の常雪の首都です。モーニングスターを操る姫様がいるんだとか。 行き方は、ナルビク船着場からエルティボ行きの船に乗るだけです。 初期(行き)のみ9000SEED掛かりますが、その後は600SEEDで何度でも往復できます。 また、EP1のマップへ神鳥の羽・旗取りワープ・バインド等でワープすることはできません。 ただし、ブルーコーラル、ケルティカへはポータルから飛ぶことが出来ます。 Lv制限はありませんが、周辺マップのLvは高めですのでご注意を。 (だいたい白い森がLv30〜?で、極寒の地はLv125以上でしょうか・・・) 周辺マップでも神鳥の羽・旗取りワープ等は使えません(ウィングは使用可能) ナルビク→エルティボの船に乗るにはナルビク船着場(ブルーホエール前)のサテラに、 エルティボ→ナルビクの船に乗るにはエルティボ港に停泊している船の甲板のセモ船長に話しかけます。 ただし、ジョシュアだけはチャプター0をクリアしないとサテラが反応しません。 サテラセモ船長 ブルーコーラルも他の町とは違い、エピソード2の町です。 大陸南東のレコルダブル連邦・ハイアカン王国領内のブルーコーラル諸島にある遊園地です。 行き方は、カウルの水辺・白い森(3)からブルーコーラル行きの気球(下図)に乗るだけです。 初期(行き)のみちょっとお金が掛かりますが、その後は800SEEDで何度でも往復できます。 また、EP1のマップへ神鳥の羽・旗取りワープ・バインド等でワープすることはできません。 ただし、エルティボ、ケルティカへはポータルから飛ぶことが出来ます。 Lv制限はありませんが、周辺マップのLvは高めですのでご注意を。 (だいたいLv125以上でしょうか・・・) ブルーコーラルから帰る際は、再び気球に乗ります。 個人的に大観覧車が好きです(笑) 気球 ケルティカも他の町とは違い、エピソード2の町です。 大陸西部のほとんどを占めるアノマラド王国の首都です。EP1のほとんどの町がアノマラド王国に属します。 行き方は、ナルビクフリーマーケットのペスティナ(下図、テレポートサービス)で『ケルティカ』まで飛ぶか、 紅の林の最奥のポータルからパノザレの岸(Lv100前後?)を経由して歩くかの二つです。 テレポート料金はキャラクターのLvによって変化します(Lvが高いほど費用UP)。 また、EP1のマップへ神鳥の羽・旗取りワープ・バインド等でワープすることはできません。 ただし、エルティボ、ブルーコーラルへはポータルで飛ぶことが出来ます。 ケルティカ広場から行ける風の森・歌う森は初心者向けLvですので、最初から気軽に遊べるかもです。 また、EP2の町としては唯一、銀行と病院があります(保管箱はEP1の町で開けるものと同じ) ナルビクに戻る際は、広場にいるベアトリックス(テレポートサービス)でテレポート出来ます。 ペスティナベアトリックス WPのある場所(最初から登録できる場所のみ) ○印は町。×印は町以外(セーフティエリアかフィールド)。 町巡りはLv20程度ないと、途中で死亡→元の町に戻されてしまうことがあります。 Lvを上げるか、Lvの高い人に護衛をお願いしましょう。 護衛は善意でやってくれるものです。ちゃんと感謝しましょう。 相手の事情によって断わられる場合もあります。 また、下に書きますが、町だけならばアイテムを使って巡ることもできます。 ※アドセル・龍泉郷・カーディフ・忍桜の里は除く。 @ミニマップ ミニマップには、自分やチームメンバーのアイコン以外に、商店なども表示されています。 「武器屋ってどこですか?」とたまに聞く人がいますが、右下に出ているのです。 カーソルをアイコンに合わせる店の名前が出ます。 ※NPCの位置・名前、パーティ以外のキャラやモンスターの位置はでません。 @ワープカードで町巡り 各町の「魔法商店」には、↓[ワープカード]というアイテムが売られています。 それを購入し、ダブルクリックで使用することで、別の町に一瞬で移動できます。 移動したら、まずはWPを登録しましょう。 ワープカードは、「ライディア」「ナルビク」「カウル」「クラド」だけです。 他のWPは歩いて巡るしかありません。 また、高Lv(55以上)のティチエルは、転送スクロールを使うことができます。 友人・知人に頼んで町に転送してもらったり、テレポートしてもらうことも可能です。 ただし、お金と手間がかかるので、いきなり頼むのは迷惑になってしまいます。 相手の事情を聞いた上で頼みましょう。 尚、アドセル転送用のスクロールを使ってもLv35未満のキャラは転送されません。 おまけ@格安ワープウィング]を使うと、直前にいた町・フリマの復活ポイントに一瞬で戻ることが出来ます。 緊急時には行き先を選ぶ手間がないので、神鳥の羽よりは便利かも。 [神鳥の羽]を使うと、好きなWPへ飛ぶことが出来ます。 移動時間の短縮やアドセル行きの時には必要不可欠です。 ですが。 最初のうちはまだまだ資金難で高価に感じることもしばしば。 また、お金を貯めるために倹約している人には微妙な支出になってしまいます; そこで。 [旗取りワープ]が大変便利です。 旗取り待機室のロシュが、なんと1SEEDで販売しています。 [旗取りワープ]を使うと、一瞬で旗取り待機室に飛べ、 さらに、待機室にはWPがあるので、そこから他のWPへと飛ぶことが出来るのです。 WP移動が二度手間にはなりますが、お値段はかなりお得になりますよ。 ※ただし、神鳥の羽と旗取りワープはEP2マップでは使用できません。  ウィングは使用できるので、常備しておくことをお薦めします。

TW初心者支援サイト『TW初心者雑談所』 presented by nagi(ETERNAL club master) TalesWeaver is trademark of Softmax Co.,Ltd. Copyright (c) Softmax Co.,Ltd. All rights reserved. Copyright (c) Nexon Corporation and Nexon Japan Co.,Ltd. All rights reserved.
inserted by FC2 system