スキルの覚え方使い方とスキルボーナス

@スキル キャラクターによって違うスキル。 TWにはたくさんのスキルがあります。 とりあえず、ここではスキルの覚え方と使い方をば。 どんなスキルを覚えていけばいいのかは「キャラ育成」で説明したいと思います。 スキルウィンドウを開くと↑な感じ。 一つだけ覚えている[横斬り]は基本攻撃です。 基本攻撃もスキルの一つとして扱われます。 しかし、コンボに組みこんでのみ使用でき、単独(右クリック)では使用できません。 また、基本攻撃には、スキル名の前に「†」が付きます。 基本攻撃・パッシブスキル以外のスキルは、基本的に右クリックで使用します。 *主なスキルの種類 ・基本攻撃   †マークのあるスキルで、コンボチェーンにセットするもの。右クリックでは不発動 ・攻撃スキル(単体・範囲) ・回復スキル(単体・範囲・状態異常回復) ・状態異常スキル ・補助スキル(神速剣・的中剣など。状態異常とされます。だいたいが自分にしか使用できません) ・パッシブスキルチャンスガード・ハードスキン・マナキス・あたりま〜す☆・いたいで〜す♪)   習得することで、勝手に発動します。発動するかしないかは運次第。   操作でスキルを使用する必要はなく、発動を止めることもできません。 左側に一列に並んだアイコン。 これが、スキルの「系統」を表しています。 下矢印を押すと表示しきれてない系統が出てきます。 系統を選ぶと、その系統のスキルが右側に表示されます。 さらにスキルを選ぶと、スキルの詳細がその下に出ます。 スキルの威力などが依存するステータス、 習得前に覚えなければいけないスキル(先行習得リスト)、 習得すると、覚えられなくなるスキル(習得不可リスト)、 スキルの簡単な説明(?)が書かれています。 また、先行習得・習得不可リストに何も書いてない場合は条件はありません。 詳細の左側はスキルのレベルです。 スキルを覚え、スキルレベルを上げたら、必ずここの左右の矢印を押して 使用スキルレベル設定を上げましょう。 スキルレベルを2にしても、ここがLv1の場合は威力が上がりません。 また、スキルレベルを上げるとディレイが長くなることがあります。 ディレイについては「コンボ」で説明しています。 @スキルの習得 では、スキルを覚えてみます。 今回は「」を覚えてみましょう。 まず、TWではスキルを覚えるのに経験値を使います。 レベルと残りの経験値が条件を達していると[習得可能]になります。 必要な経験値はRequireXP。 必要なレベルはLevel。 Xienは、そのスキルを習得するまでに覚えなくてはならない、その系統のスキルレベルの合計です。 現在のXienはウィンドウの一番上、「○/99」で表され、最大99までしかとれません。 また、99を超える系統、超えない系統があります。 ちゃり〜ん という音がしてスキルを覚えました。 覚えたスキルは文字が白くなります。 Xienも上がってますね。 *スキルのレベルアップ。 スキルにもレベルがあります。 習得しただけでマスターできるスキル、習得しても高Lvまでマスターできないスキル。 スキルのレベルごと、習得条件や必要経験値が変わります。 スキルのレベルを上げることによって、威力や回数・範囲・効果時間などが変化します。 また、ディレイの増加や消費ステータスの増加もあります。 とりあえず、スキルレベルを上げてみましょう。 ↑Lvを上げて、連(SLv2)を習得します。 左下の使用スキルレベル設定を、矢印を押して上げます。 ↓    ↓   ↓ これで、連(SLv2)が使えるようになりました。 逆に使用スキルレベルを下げることも出来ます。 再振り後など、設定を一気に上げる場合は、矢印の上にカーソルを置いて←キーを押しっぱなしにすると楽です。 また、Ctrlキーを押しながら矢印をクリックすると、一気に最大(最小)にすることができます。 @スキルの使用 さっそくクイックスロット(スロット、ショートカット)に設定してみましょう。 セットの仕方は、スキルアイコンをドラッグ&スロットにドロップです。 クイックスロットによるセットスキル変更は、画面の見方ページ>クイックスロットをご覧ください。 スロットにセットしなくても、スキル欄のスキルをダブルクリックすると、 左上のメーターの中にスキルアイコンが表示されます(=スキルのセット完了)。  ←連(ルシアン) スキルはターゲット(敵、味方、範囲)を右クリックすると発動します。 ただし、MP・SP不足やスキルキャンセルにより、必ずしも発動するわけではありません。 魔法スキルも同じように、ショートカットかスキル欄からスキルをセットします。  ←ホーリーボルト(ティチエル) あとはターゲット(敵、味方、範囲)を右クリックするだけ。 ただし、自分にしか掛けられないもの(自己補助スキル)は、画面内のどこを右クリックしても発動します。 また、範囲・遠距離攻撃にも攻撃の届く距離(リーチ)、効果範囲がそれぞれあります。 まだコンボがないのですが・・・ ちょっと攻撃グラフィックが綺麗になります。 コンボが2回以上使えるキャラの場合、 通常攻撃1〜3回 → スキル攻撃 で、コンボ数が増やせます。 さらに、コンボを重ねるとスキルディレイの短縮や威力増加の効果が得られます。 コンボ数というと、コンボは5回までじゃないの?と言われそうですが、 コンボの最後(?)にスキルを持ってくると、その後、通常攻撃を連続できるのです。 コンボウィンドウで設定されるのは、あくまで通常攻撃だけのコンボ。 スキルを“つなぎ”に使えば、コンボ数が255までカウントされます。 @スキルボーナス スキルボーナス?なにそれ?と言われそうですね; キャラクターのLvUP説明でもチラッと出たものです。 つまり。 LvUPとステータスに関係あることなので、長くても読んでくださいな; 系統アイコンにカーソルを合わせると、こんな表示が出ます。 これがスキルボーナスLvUPをしたとき、一番Xienが多かった系統のスキルボーナスが付きます。 一番Xienが多い系統が複数ある場合は、系統アイコン順で一番下の系統のスキルボーナスが付きます。 そして、その系統のことを「先行」と呼びます。 この場合、“刀先行”ですね。 現在、一番多いのは刀系のXienです。 なので、 LvUPすると必ずHACKが1、運任せでDEFが1、 自動的に上がるのです。 もちろん、ポイントは消費しません。 非常に嬉しいものですね。 しかし、スキルボーナスは系統によって対象になるステータスが違います。 また、刀系統はティチエルやミラ、シベリンにはありません。 何が上げられるのか。 何を上げたいのか。 よくよく考えながらスキルを覚えなければならないのです。 @二次スキル・生産スキルの習得 これはちょっと先の話になるかもしれません。 各キャラクターには、二次スキル、という、いわゆる上級技の習得クエストがあります。 種類はもちろん、習得時期や条件がキャラクター毎異なります。 詳しくは情報サイト様のスキル、または二次スキルを参照してください。 また、龍泉郷に入れるようになると、生産系のスキルも習得できるようになります。 こちらも腹の立つクエストをこなす必要があります。

TW初心者支援サイト『TW初心者雑談所』 presented by nagi(ETERNAL club master) TalesWeaver is trademark of Softmax Co.,Ltd. Copyright (c) Softmax Co.,Ltd. All rights reserved. Copyright (c) Nexon Corporation and Nexon Japan Co.,Ltd. All rights reserved.
inserted by FC2 system